家を借りる時の注意点|安定した収入を得られるマンション投資の始め方

安定した収入を得られるマンション投資の始め方

男性

家を借りる時の注意点

オペレーター

連帯保証人不要の賃貸物件

賃貸保証会社とは、家を借りる時に連帯保証人が立てられない賃借人の連帯保証人を代行する会社の事です。最近では連帯保証人とは別に賃貸保証会社との契約を義務付けている不動産会社もあります。賃借人が家賃の滞納をした場合に賃借人に代わって賃貸保証会社が賃貸人に家賃を支払いますが、その後賃貸保証会社が賃借人に立て替えた賃料の請求をする事になります。家の貸主側からすれば、家賃滞納時の催促を賃借人に直接する必要もなく、家賃を確実に回収できるというメリットがあります。また、家を借りる立場からは、親や親戚、兄弟などに連帯保証人を頼み辛かったり、高齢者などで連帯保証人を頼む人がいない場合などに便利なシステムだと言えます。

賃貸物件契約時の費用

賃貸保証会社と契約を結ぶ場合は、賃貸保証会社にもよりますが、保証料として数万〜家賃の一か月分の支払いが必要となります。家を借りる時に「敷金礼金がゼロ」となっていて、「連帯保証人不要」となっていた場合でも、賃貸保証会社との契約が必須の場合は家賃以外にも、賃貸保証会社との契約と共に保証料が必要となる事を頭に入れておかなくてはなりません。また、賃貸保証会社のサービスはオーナー側でも利用することができます。たとえば、入居者が家賃滞納を起こした場合、収入が安定せずに困ってしまうでしょう。そのようなときも、保証会社が足りない分の家賃を振り込んでくれるので安心です。また、オーナーと相談して入居率を増やすためのプランを提案してくれます。